Think rich, looks poor...

お金<情報

南京大虐殺に関する持論

先日、アパホテル南京大虐殺の存在を否定したことで大きなニュースになっていたが、この問題に関して持論を書いてみたいと思う。この問題に関して長期にわたって研究したわけではないが、日本、中国両者の意見とそれに通説を照らし合わせて考えた私なりの意見である。

まず、わかりやすく、現在の状況をまとめてみよう。

日本

 南京大虐殺の存在は認めているが、非戦闘員の殺害や略奪行為の諸説が多くあり、正確な数、人数を知ることは難しいと考えている。

中国

 南京大虐殺では約30万人以上の犠牲者があったとし、ユネスコに世界記憶遺産として登録申請を行い、正式に登録されている。

 

次に国民の一般的な考え方をまとめる。

日本

 正確な人数が確定していないのにユネスコに登録していることや、戦争に関して過去に償ってきたのに関わらず、中国側の現状の歴史観を続けられると、国際的な批判も受けてしまう可能性もあり、事実を歪曲するなとの意見もある。

中国

 私は中国の友人の何人かにヒアリングを行ったが、この問題に対する特別な研究などを行っていないため、彼らは中国側の通説を述べることが普通である。つまり、彼らは30万人という数字に自信を持っているに加え、第二次世界大戦の歴史が根強く彼らの頭に存在するため、日本のことを好きになることは不可能である。唯一日本のアニメ文化だけが好印象を持たれている分野である。

 

このような事実から私なりの意見を述べていきたいと思う。

まず、中国がユネスコに記憶遺産として申請した件について、近年ユネスコという組織そのものの存在に対して世界的な評価が分かれている。それはユネスコの政治化問題である。そもそもユネスコとは国連の専門機関であり、今回の南京事件などは今後中国にとって外交上のカードになり、両国にとって公平な登録とは言えない。ここで大事になってくるのはその事実の信ぴょう性である。

米国は過去にユネスコの政治化や放漫経営などを理由に脱退していた時期もあり、現在も拠出金の支払いを停止している。

日本は世界第二位の拠出金を支払ったきたが、今後はこの支払いをストップするかもしれない現状である。もちろん中国や他国の反発があることは言うまでもない。

このようにわれわれ日本人はユネスコと聞くとなんだかとてもすごい組織なんだと思う傾向があるが、過去にこの組織を政治利用したり、米国の拠出金の支払いの停止など問題は何かとあり、この組織についての我々は認識を改めるべきである。

 

次に両国の世論について、考察してみる。まず両者に言えることから述べてみよう。それはメディアの影響力である。これはTV、SNS、ネットのニュースなどすべてを含めるものとここでは定義したい。近年の情報収集の手段はインターネットを利用している人が多いと思うが、私はその情報収集の方法に関して警告をしたいことがある。それは、インターネットがあまりに便利であるがゆえに、簡単に情報が入手できるために、人は気づかないうちに自分が見ていて気持ちのいい情報しか見なくなってしまう。気づかないうちに。。。

例えば、Twitterなんかが分かりやすい例だろう。自分と意見の合う人のアカウントをフォローしていくうちに、その人のホーム画面は偏った情報でいっぱいになってしまう。ネット上でよく見るネット右翼と呼ばれる人々は自分にとって気持ちの良い情報しか収集しなくなり、最終的にはとことん偏った考え方をしてしまう人になってしまう。私はこの現象をSNS革命の代償と呼ぶ。世界に民主主義国家が増えたこの世界で人々の意見が偏ってしまうことはとても恐ろしいことである。

想像してもらいたい。アメリカの大統領就任式と翌日の世界的なデモの対称性を。あれほどまでに人々の意見が二つに分かれるなんて誰が予想できただろうか?情報収集の方法の違いが生み出したと考えることもできるかもしれない。

 

このメディアの在り方を考えた上で、今回のアパホテルの問題。中国人はSNSで情報を拡散したと報道されている。多くの中国人はここから情報を得たとされている。逆に日本というと、近年、インターネット上を中心に保守的な情報が多く飛び交い、それが日常の会話でもたまに聞こえてくることを経験したことはないだろうか?

日本、中国でこのようにあまりにも意見が真逆で違いすぎるため、この状態で国際社会に出て、このような会話になったときにあなたは日本人としてどのような意見を言うことができるだろうか?日本で生まれ育った私にとって正確かつ日本人としての意見を言うことは大切である。そのために何が大切かということである。現在ネット上には情報が存在しすぎている。何が正しいなんてわかる人を少ないだろう。だからこそ、信頼できる情報を得てほしい。

アパホテルの社長は南京大虐殺の存在を人口の問題から完全否定しているがその説がすべてではないことを政府の見解を見れば誰でもわかるだろう。人間は知らないうにち自分にとって好都合なように考える傾向がある。私たちはその時代に生きていないため、事実を知るためには文書を読み自分なりに理解するという方法しか手段は残されていない。南京大虐殺否定説を100%信じることが日本人として誤っていることが分かっただろうか?

この更新は主に中国人と今後会話することが必要な時日本人として正しい見解を話すときのために考えた私なりの見解である。日本人として何も言えないなんてとても悔しいし、日本のために戦ってくれた私たちの先祖に顔が見せられないからね。