Think rich, looks poor...

日々のインプットを文章にしてアウトプットすることを目的としています

ビジョナリーカンパニー③衰退の五段階~書評~

 

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

 

 ビジョナリーカンパニー①、②と読んできたが、ブログにはこの③から書くという変な流れですが、始めます。

 

まず、このビジョナリーカンパニーという本は何百という会社を研究対象にし、今回の場合では成長した企業がどのような条件で衰退するのかを莫大な研究対象の中から共通点を見つけ出しまとめられた本です。

私の着目した点は、サム・ウォルトンの学習意欲と衰退から立ち直る企業についての論点である。

 

まず、サム・ウォルトンについてだが、彼は米国一位の小売業者ウォルマートの創業者で有名であるが、彼のすごさはその謙虚すぎるともいえる学習意欲である。彼は何歳になってもその学び続ける意欲を失わなかったということがこの本を読んでわかった。

これほどまで謙虚で、しかし、貪欲ともいえる学習欲を持っているということはまさに第五水準のリーダシップであると私は感じた。自らは謙虚に。しかし、会社の繁栄のためには貪欲に努力する姿には私は感動した。この姿勢があれば、どんなに成功しようとも傲慢さは生まれないということは明白である。

 

次に衰退から立ち直る企業についてである。会社というものは金融危機や政治的要素などの外的要因によって危機を迎えることが将来的に必然的に直面する。そのような場面に見舞われたとき、どうするか?それが大きな違いを生むということである。この時、企業の経営者が思い出さなければいけないことがストックデールの逆説である。端的に言うと、自分がどんなに困難で絶望的な状況にいようと、最後には自分が絶対に勝利するという確信を持ち続けることが大事であるという説です。これはベトナム戦争でのアメリカ兵の捕虜の実話から著者が引用したものなのですが、戦争の話が会社経営に繋がるのかと非常に疑問でした。しかし、この考え方が非常に大切で組織としてどう動くかは何かの考え方に基づいて判断が下されます。その考え方にこの考え方を当てはめることは何ら問題のないことで、実際にIBMなど他にも様々なアメリカ企業の復活劇を挙げています。

さらに外的要因によって、困難に直面していることは逆に考えれば、他の会社も同じ条件であるということです。そこで、自分たちの会社が最後には勝利するという確信をもって、動いていけばそこには意外と大きなチャンスがあるということを述べています。これはピンチはチャンスといってしまえばその程度かと思いますが、この話の具体的に述べることによって説得力が高まります。私はこのような考え方を持てる企業が今も生き残っているのだと思いました。

しかし、最後の方はやや根性論に感じてしまう部分もあり、私なりにはやや物足りない部分もありました。

入社1年目の教科書~書評~

 

 社会人1年目としてこれは読もうと思い1週間前に読み終えました。共感した点を3つまとめます。

 

一つ目は全ての仕事に意味があるということ。会社に入れば、初めから楽しい仕事を任されることはまず可能性が低いです。

余程の能力がなければ難しいことでしょう。

初めはコピーをお願いされたり、テレアポ電話をしたり何のためにやっているんだろうと思うことをやらされることがあるかもしれません。

しかしながら、そういった意味のなさそうに見える仕事でも深く考えて見ると、大きな意味があることにきづかされます。

例えば、テレアポ。断られ続け精神的につらくなるかもしれません。しかし、会社が売上を上げるためにはまず初めに新規の顧客のアポイントメントをとらなければ、販路の新規開拓は見込めません。また、自社の商品の良さを理解していなければ、アポイントを取ることは非常に難しいでしょう。加えて、電話では直接話すよりもより丁寧な敬語が求められます。このようにつまらない仕事のように見えてとても奥が深い仕事であるといえます。

次に、コピーをお願いされるにしても、その書類に書かれていることを見るだけでも、今どのような仕事を上司がしていることを知ることができ、そこから興味関心がわくかもしてません。

 

二つ目は同期と仲良くするなという点です。

エッジの利いたタイトルですが、読み始める前はなんとなくわかるような感情を持っていました。

社会人としての同期とはこれまでの学生生活での同期とは異なる部分があります。

会社の同期は必然的に将来の昇進を争うことになります。

そうなった場合、友達のような関係でいると、親しみから妬みという感情が生まれる可能性が高いということです。

これは想像すれば、なんとなくわかりますよね?

著者は会社の同期とは敬語で会話することを推薦しています。

そこまでしなくてもと私は思いましたが、徹底するためには必要ですね。

 

三つめは英語は読むことからマスターせよです。

これにはシンプルな理由が二つ。

まずはスピーキングはとても大切ですが、その前に英語を読めることにより、自分のインプットできる文書が日本人しか使わない日本語から世界のすべての人々が使う英語に変わることによって何百倍にも広がることです。

二つ目は語彙力をまずは増やすことによって自分の英語力の伸びの限界値を高めることができます。

少ない語彙力でリスニング・スピーキングをいくら高めてもいつか壁にぶつかります。

 

これらのほかにもたくさん学べることは多くありましたが、私の感動した点はこの三つです。

今までで最も大切な投資

medium.com

 

私が2011年に経営学の学士を取得した時、私はキャリアを始める準備ができていた。

私はビジネス、お金を稼ぐこと、そして投資を始めたかった。これらは私の過去7年間において優先順位の高いものであった。

私はそれらのすべてを行った。あなたは私が何を発見したか分かりますか?

あなたが人生において下す全ての決断は投資か無駄に終わるかのどちらです。

これが私の言いたいことです

・体を鍛えることはあなたの健康に対する投資です。

・あなたが気になる人々と時間を過ごすことは人間関係と個人の人間らしさに対する投資です。

・読書をすること、授業を受けること、情報力のある動画を見ること、これらはあなたの教育に対する投資です。

これらは全ていいことです。しかし最後の投資が最も高いリターンを生みます。なぜでしょうか?

私たちはコンペタンスエコノミーの上に生きています。conpetenceとは能力や適性などの意味を持っています。能力は社会が答えを必要とする問題をどのように解決するかを知っている誰かの手野平の中にあります。

ある点では、それはいつもその場合になっています。狩猟採集の日々では一番のハンター達は最も成功した人々でした。

だから、私たちは生き延びたいために、そして言うまでもなく成功したいのであれば、スキルを向上させる必要がある。

そして、あなたはどうやってスキルを手に入れるのか。それらを学ぶことによって、しかしそれは大変である。だが、スキルはあなたに見返りに多くの確実性を与える。だから、私はあなたの教育に投資することがほかのどの金銭的な投資よりもより良いことを信じる。

 

しかし、そこには挑戦がある。

 

わかるように、教育や学びや知識は全て徐々に頭から消えていくものである。あなたがスキルを使わないからそれを失うだけでなく、あなたがスキルを向上させようとしないならその知識を失うだろう。あなたは単純に忘れてしまう。

それは私が人生で最も得られなかったことだ。教育はあなたが蓄積するなにかやあなたの頭に永遠に残るものではない。

私は教育を食べ物や水、空気、運動とみなす。あなたは常に供給する必要がある。

あなたはまた1年に1度だけ息をするわけではないよね?だから1年に一度だけ本を読むの?これは意味をなさないよね。教育は現代世界であなたの生存のために最も重要である。

 

教育が適応されたとき、それは収入を生み出す。

 

あなたは人生で得たすべてのものを失うことがありえます。あなたのお金や仕事、顧客、評判、家、車そしてあなたが愛する人々までも。

あなたが将来絶対失わないたった一つの仕事とは?あなたは知識を想像したよね。

あなたがどのようにビジネスを構築するかを学ぶなら、あなたはいつもお金を稼ぐことができる。

あなたが人々の依存するスキルを持っているのであれば、あなたは将来絶対に仕事を失わないだろう。

そこには一つの条件がある。あなたは学んだものを活用しなければない。知識の活用無しでは、知識は役立たずである。すべての人がそれを知っている。でも、繰り返そう、少しの人しかそれを活用できない。

私がたくさんの時間と自分の教育に多くのお金を投資する理由はこれだ。 教育は生存戦略であるからだ。

現実を認識しよう。私たちはみんな不確実性を憎む。そして教育は私たちのセーフティネットである(教育と単なる学位をごっちゃにしてはいけない。ここでは教育についてを語っている)。

それは簡単ではない。実際には学ぶこと、勉強すること、学位を取得すること、スキルを習得することは人生において最も難しいことのいくつかである。

 

・学校に通うことは大変である。

・1週間に2冊本を読むことは大変である

・長い1日を終えた後のオンライン授業を受けることは大変である。

・そして、だからたいていの人々はこれらのことをしないのである。

 

過去数10年の情報革命に感謝し、あなたはより多く学ぶために世界ですべての機会を持っている。

あなたがあなた自身の教育に毎日投資していないのであれば、それは私にとって狂気の沙汰である。

私は食べ物、人間関係、健康、服、そして人生のその他のことよりも教育を最優先する。あなたはなぜだかわかりますか?私がそうしないのであれば、他のことも良くならないからだ。

そしてそれはとてもシンプルである。私の目標は1日に30分読み、学び、実践することだ。

それはたくさんではないよね?なぜならあなたがもし教育に30分時間を費やせないのなら、あなたはどんな人生を持っているのだろうか?

教育は重要である。何故なら、私たちは知ることによってそれを知る。私たちはそれを単に最優先にしなければいけない。

それにもかかわらず、人生の多くのことのように、私たちは私たちの知っていることをしない。特に長期間では。

 

全ての人は始められるが、少数の人が継続できる

 

私たちが見たように、そこには2つの選択肢がある。あなたは学ぶか死ぬかだ。あっという間に、あなたは残りの人生のために教育に投資することを決断することができる。

アブラハム・マズローはそれを最大限に理解するために言った。

 

”あなたは成長のために一歩踏み出すことも、安全に一歩下がることもするだろう。”

 

私は感情を形成してきた。あなたはどちらを選びますか?

現代の人生計画

人生100年時代のライフシフト

 

前々から読みたかった本なんですが、何かと理由をつけて読めてない自分がいました。やっと読み終えたので新たな気づきを留めておきたいと思います。

 

まずは人生計画をする上で最も大切なことであるお金に対する考え方です。人として生活するうえで必要最低限度のお金は必要です。また、そのお金が必要な期間も人生が長くなるに比例して長期的に必要になってきます。それに加え、国の財政状況などから老後のための年金も100%信頼している人は少なくなってきていると思います。

 

そこで考えなければならないことがどのようにお金を長期間増やし続けるかです。私の気づきは資産の種類が3つあることです。

1つ目は生産性資産、仕事で必要な生産性を高めるスキルや知識です。

2つ目は活力資産、長い人生を生き抜くための肉体的・身体的な健康と幸福を得るための資産。健康、友人やパートナー、家族などとの良好な関係が必要とされる。

3つ目は変身資産、特殊な資産である。100年生き抜くうえで人間はこれまでにない大きな転職を経験する可能性が高い。大きな変化に対応するために自分についてよく理解することや多様性に富んだネットワークを持っていること、新しい経験に対して素直に受け入ける姿勢が必要とされ、これらが変身資産である。

 

3つ目の変身が最も特徴的で私には変身資産に対する理解がまだ浅いと自認している。

 

また、この中には投資資産が入っていないことには少々驚いたが、よくよく投資資産がどの程度リターンをもたらすかについて調べてみるとこれらの資産に比べてリターンが少ないことに気づき、それに加え私のような20代の人間であれば、上記の3つの資産を増やすことが効率的であると最終的に判断した。

 

また、人生計画に関する考え方でこれまでの大学を卒業し、企業に就職し、定年まで働き、60歳で仕事を辞め、老後を過ごすという人生がここ100年間の時代でしか存在しなかった事実やこの働き方がいかにここ100年間の経済モデルに適応しやすかったかを考えると我々がなぜこういったライフプランを植え付けられているのかが理解できた。

今後は変化の激しい時代になると多くの識者が発言しているが、筆者もこれらの意見に賛同しているため、我々の人生計画も考え直さなければならないことに疑問の余地はないと考えている。

私の周りでは会社を選ぶ際に給料が気になり、すぐ給料がどのぐらいあるかという話になるが、新卒の初任給を比べたところでドングリの背比べと変わらないと感じているし、その会社で自分が何を経験できるのかを真に考えるべきであると思う。その経験の差にによって将来の生涯年収に差が出ると私は思う。生涯年収がすべてだと私は考えていないが、初任給の額を気にするよりも生涯年収を気にすることの方が大事であると主張したい。人間は本能的に短期的に物事を考えてしまいがちである。長期的に考えるには物事の深層と忍耐力が大切である。

人生100年時代に政府が対応しようとしているところであるが、私たち社会は対応できてはいないと思う。

 

食事術

久しぶりの投稿です。大学生活ももうすぐ終わり、私は四月から社会人になります。そんなこんなで最近よく本を読むことが増えました。と同時にアウトプットもするように心掛けているのですが、今回は久しぶりにブログにしてみます。

 

今回読んだ本は 

医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68

という本です。端的に言うと糖質制限ごり押し本なんですが、今まで、親や友人からご飯は一杯までや野菜はもっと食べなさいなど健康に関して、様々な意見を聞いてきましたが、どれもその理由を聞くことがなく、半信半疑の状態で実行に移すことができていませんでした。この本ではなぜ糖質制限をすべきか?その理由と糖質(炭水化物を含む)が体の脂肪になるメカニズムを説明しており、かなり自分の中では納得できた。

しかしながら、この手の健康法に関する議論は数十年前と極端に意見が変わったりすることが多いらしく、ある意味、この論調にもある程度懐疑的になることは必要なのかもしれない。極端な食事法をとることは自分の体の調子を観察しながら進めていくことが望ましいと私は思う。

改めて、Why?を考える大切さを実感できる本で、内容以上に新たな発見もあり、読んでよかったと思える。

 

国際協力への道

改めてGoogleの素晴らしさを知った。やっぱりインターネット上でも行動を起こしてみた正解だったと思う。

 

私は進路について考えていたが、自分の理想像に近い人が身近にいないため、帰国後にでもまとめてあっていこうと考えていたが、インターネット上には僕の関心のある分野のブログを書いている人たちがたくさんいて、多くの情報を得られている。

 

 

たくさんの方のキャリアパスを拝見し、自分はどういった道に進めばいいか、少しわかるようになり一歩前進できたと思う。

 

国連で働くような人からコメントを返してくださるなんてとてもありがたかったし、かなり貴重な情報も提供してくれた。

 

課題の深刻さ・複雑さに挫折しそうになっていた私だが、これからも情報、人とのつながり、あきらめない心は大切にし未来に向かっていきたい。

J・Fケネディとドナルド・トランプの共通点

授業中にたまたま聞いた情報が面白かったので、記事として残したい。

 

少しさかのぼります。時は1960年前後当時カリスマ的に国民から支持を得ていたケネディ氏。米国の1963年のGDPは0.8兆。

 

それに対し、トランプ大統領に対する国民の支持率は色んなリソース源があるけど総じて50%前後。トランプさんに言わせればこれまでもFAKE NEWSなのかもしれないが。。。GDPは18.1兆円。1963年と比べれば22倍。

 

ありえない規模の経済成長を果たした米国だ。

 

 

じゃあ、トランプは何を政策に掲げたの?貧困、雇用問題。この後に外交問題としてシリアの内戦の話が少しついてくる。

 

気持ちを切り替えて、ケネディは何を国民に訴えかけていたのか?貧困、雇用問題。そしてベトナム戦争の話です。

 

僕がいま学んでいる大学にいる教授は昔カンザス大学博士課程に在籍している時、ケネディの選挙演説を間近で見ていたそうです。

 

うーん、アメリカの根本的な問題って結局劇的なGDPの成長にもかかわらず、根っこの部分で一緒なんだってすごく感銘を受けた。

 

次の50年、何を大事に僕たちの世代は生きていけばよいのだろうか?難しい問いだが、この話から何かヒントを得られた気がしている。近年、日本でも格差問題から生じる教育格差、医療格差などが叫ばれている。資本主義の代償なのかもしれないが、将来の為にも持続可能なシステムを構築することはこれらの先進国にとっても急務な課題である。